坐骨神経痛でも痛みを感じずに座れる椅子は?

坐骨神経痛でお悩みの方に最適な椅子の選び方
神経が圧迫されるのを防いでくれるもの
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こることが多い症状です。腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢が悪くて背骨が歪んでしまい、椎間板がはみ出して神経を圧迫することで起こります。ですから、背骨を正しい位置に戻して、椎間板が神経を圧迫しないように矯正する必要があります。そのためには、背骨を正しい位置に矯正する椅子を選ぶ必要があります。
骨盤が後ろに倒れないように矯正してくれるもの
背骨を正しい位置に矯正するためには、骨盤が後ろに倒れないようにする必要があります。骨盤が後ろに倒れることによって、背骨が曲がって椎間板を押し出してしまうからです。ですから、骨盤が立った状態で座れるような椅子を選ぶということが重要なポイントとなります。
正しい姿勢をキープする筋肉が鍛えられるもの
坐骨神経痛は姿勢が悪いということが引き金となって起こる症状です。したがって、どんな治療をしたとしても、結局は一時しのぎにしかなりません。根本から解決するためには、正しい姿勢をキープすることが重要となります。そのためにも姿勢をキープするための筋肉を鍛える必要があります。ですから、正しい姿勢をキープできる筋肉を鍛えられる椅子を選ぶということが大切です。

坐骨神経痛におすすめの椅子ランキング

アーユル チェアー
背骨が曲がって椎間板を押し出し、神経を圧迫して痛みを感じないように、背骨を正しい位置に矯正してくれる椅子です。骨盤が立った状態で座るような後傾山型状の座面を採用しているので、普通に座っているだけで骨盤が矯正され、痛みを感じることなく正しい姿勢で座ることができます。独自の腰あてを採用することによって、正しい姿勢をロックしてくれるので、筋力がつき、坐骨神経痛の改善に役立ちます。
神経圧迫防止:◎ 骨盤矯正:◎ 筋力アップ:◎
アーユル チェアー
凛座
骨盤が自然に立つように設計された骨盤座椅子です。主に床に座ることが多い方におすすめできます。前方凸型形状となっているので、骨盤が立った状態で座ることができます。また、背筋を優しくサポートする背あてがついているので、背骨を正しい位置に矯正できるところが魅力となっています。椅子の上にのせて使うことも可能なので、主に床に座ることが多くて、たまに椅子に座るという方にぴったりな座椅子といえます。
神経圧迫防止:○ 骨盤矯正:○ 筋力アップ:◎
凛と座るを骨盤から考えた美姿勢サポート座椅子
p!nto
3次元立体構造システムエスリーム技術により、体にニュートラルな状態を作り、負荷を軽減して座ることができます。正しい姿勢に矯正して痛みを和らげるというよりは、体への負荷をできるだけ軽減して座ることにより、痛みを和らげることをコンセプトにしています。楽な姿勢で痛みを感じずに座りたいという方におすすめできる椅子となっています。
神経圧迫防止:○ 骨盤矯正:○ 筋力アップ:△
 

坐骨神経痛に最もおすすめしたい椅子はこちら!

坐骨神経痛デでも痛みを感じないのは「アーユル チェアー」です!
神経を圧迫しないから痛みを感じない
⇒ アーユル チェアーは足を開いて骨盤が立った状態で座る椅子になっているので、自然に背骨が正しい状態に矯正され、椎間板が神経を圧迫しない状態に導くことができます。ですから、長時間座っていても、痛みを感じることなく快適に座ることができます。
骨盤を矯正する特殊構造になっている
⇒ アーユル チェアーの最大のポイントは、座面が後傾山型状になっているということです。これにより、骨盤が後ろに倒れることがなくなり、骨盤が立った状態で座れるようになります。また、座面が左右に割れているので、左右均等にバランスを取って座ることができるので、骨盤に負荷をかけずに座ることができます。
正しい姿勢をキープできるようになる
⇒ アーユル チェアーには背もたれの代わりに、腰あてがついています。姿勢が悪くなる原因は背もたれに寄っかかってしまうことにありますので、背もたれがないことで姿勢が悪くなるのを防ぐことができます。そして、腰あてが正しい姿勢をキープした状態でロックしてくれるので、座っている間に筋力がアップし、楽に正しい姿勢を保てるようになります。

後傾山型座面で骨盤を矯正し痛みを改善できるのは「アーユル チェアー」だけ!